<MainTitleBar>

ミシガン会ルール

1.OBの対処

ティーショットが完全にOBに入った場合や、入ったかどうか不明の場合は、必ず暫定球を打つ。 ただしプレー進行を早めるため暫定球は1回のみとし、1打目も暫定球もOB内に入った場合は、 前進6打でプレーを再開する。尚、再開場所は下記とする。

  • パー5のホール:残距離250ヤードのマーカー(コース上にある黄色の円盤)からピンに近づかず、 2クラブレングス以内にドロップする。
  • パー4のホール:残距離150ヤードのマーカー(コース上にある白の円盤)からピンに近づかず 2クラブレングス以内にドロップする。
  • パー3のホール:ピンとティーグラウンドを結ぶ直線上で、グリーンとグリーンカラーを除く地点に ドロップする。

2.OB&ロストの対処

ティーショットがOB内に入っていないと思い前進したがOBライン内であった場合。又は、ロストし てしまった場合、ロスト位置近辺、又はOBラインを最後に横切った位置から2クラブレングス以内にドロップし、 4打目からプレーを再開する。(進行上 前打位置には戻らない事)
※ 2打目以降のロスト、OBも上記同様に行ない、スロープレーを防止する。
暫定球を打たずに前進した場合は2打罰を、暫定球もOBかロストの場合は暫定ストロークに対して2打罰を加えて前進して打つ。
(参考)2打目以降のプレー再開打数

打数正球がOB内、又はロスト
した時の次打数(前進時)
正球も暫定球もOB、又はロスト
した際の次打数(前進時)
1打目前進4打目より再開前進6打目より再開
2打目前進5打目より再開前進7打目より再開
3打目前進6打目より再開前進8打目より再開
4打目前進7打目より再開前進9打目より再開
5打目前進8打目より再開前進10打目より再開

3.高反発ドライバー

ミシガン会では、ERC2などの反撥係数が0.83を超える高反発ドライバーの使用を認めることとする。

4.OKルール

ホールより、30cm以内にボールが近寄っている場合は、OKルールの採用を認める。

5.HDCPルール

HDCPは、年会費を支払った会員資格者だけが下記のルールに則って取得することが出来る。なお、下記ルールはティーの色によらず、全ての会員に適用されるものである。

年度途中でのHDCP変更(付与)
新会員前シーズンまでのゲスト参加を含む直近2回以上(全参加スコアを対象)の平均スコアから72を引いて0.65掛け。
優勝者アンダー数の1/2を現状HDCPからマイナスし、更に2割マイナス
準優勝者アンダー数の1/2を現状HDCPからマイナスし、更に1割マイナス
3位入賞者アンダー数の1/2を現状HDCPからマイナスし、更に0.5割マイナス
ブービー賞者現ハンディー+1(ただし上限36)
ブービーメーカー賞者現ハンディー+2(ただし上限36)
年度初めでのHDCP変更(付与)
前シーズン出場回数が2回未満の会員前シーズンHDCP持ち越し
前シーズン出場回数が2回以上の会員及びゲスト前シーズンの平均スコアから72を引いて0.8掛け(前シーズンが全てゲスト参加だった人は0.65掛け)
前シーズン優勝経験者は、上記いづれかで求まったHDCPにさらに0.8賭け
※男女を問わず、使用ティーをHDCP算出時から変更した時は、ティーの1ランク変動につきHDCPは自動的に±2上下動するものとする。 なお、ティー変更は年度初めの申請時のみ認められ、シーズン途中での変更は認められない。
   青 → 黒 プラス2 (黒 → 青 マイナス2)
   白 → 青 プラス2 (青 → 白 マイナス2)
   赤 → 白 プラス2 (白 → 赤 マイナス2)
   赤 → 青 プラス4 (青 → 赤 マイナス4)
黒ティーからのプレイ資格、前年度最終HDCPがシングルの会員で希望する者に限る。

なお、その年に60歳(あるいはそれ以上)を迎えられる方は、誕生日の時期によらず、年度初めからティー変更を申請できる。

6.USGAルールの確認と補足

  1. 本ルールに書かれていない事項に関してはUSGAルールに従う。
  2. ホールより、30cm以内にボールが近寄っている場合は、OKルールの採用を認める。
  3. カジュアルウォーターの場合を除き、全てノータッチルールとする。
  4. グリーンの150ヤード手前にあるブッシュ(ススキのような草でヤード表示用)は人工物ではない。 もし その中にボールが入った場合、又は、それが飛球線方向にある場合は、そのまま打つかアンプレアブルして出す。
  5. ハザード内(バンカーを含む)はソールが禁止され、ボールのそばにある落ち葉や小枝などを取り除くことも禁止。違反は2打罰。なお、ハザード内に 生えている草などに手やクラブが触れても違反ではなく、バランスを崩したときなど、自分の身を守るために手やクラブを地面につけてもペナルティ対象外。
  6. 2008年のUSGAルール改正から、ハザード内の誤球にも2打罰が科せられることになった。しかし、ハザード内でボールを拾い上げての確認行為も必要に応じて 許可されるが、もとあったボールのライを再現するように置かなければならない。
  7. 誤って他人のボールを打ってしまった場合(ハザード内を除く)は、打ったストローク回数に関係なく2罰打とし、 正球をロストした場所に戻って正球を探しプレーしなければならない。
  8. 自分の打った球が、自分のカート・クラブ・持ち物・自分自身に当った場合、2打罰。
  9. 自分のクラブが、1ストローク中に2回以上球に当たった場合、プレーヤーはそのストロークをカウントし、 それに1打の罰を加えて合計2ストロークとしなければならない。
    (例)3打目のアプローチで2度打ちしてしまった場合、ストロークとして1打、それに1打罰とするので、次は5打目から。
  10. 救済を受けてドロップしたボールが、ハザードに転がり入った場合や、2クラブ以上転がってしまった場合は、2度目のドロップが許可される。2度目のドロップ でも同じことが起きた場合、2度目のドロップでボールが落ちた場所にボールをプレースしてプレーをすることができる。
  11. ドロップしたボールがハザードに転がり落ちる前に止まり、スタンスがウォーターハザードに入ってしまうような場合、リドロップが許可される条件でない限り そのまま打たなければならない。リドロップが許可される条件とは、修理地やカジュアル・ウォーターハザードの場合である。
  12. ラテラル・ウォーターハザードの処置
     (例1)黄杭(ウォーターハザード)の場合(図1参照)
     A点から打った球がウォーターハザード内のB点へ入った。プレーヤは下記のいづれかを選択する。
     (イ) そのボールをあるがままに、止まっている所(B点)からそのまま打つ
     (ロ) もしくは1罰打を加え、下記のいずれかを行う
    (a)ホールから、ボールがそのウォーターハザードの境界線を 最後に横切ったC点を結んで、それをウォーターハザードの後方に延ばしていった線上(図内の緑点線上)にドロップして打つ。この場合には、 そのウォーターハザードの後ろ側であれば、いくら後方にさがってもよい。
    (b)ボールを、そのウォーターハザードの中に入れたショットを打った所まで 戻って打ち直す
     (例2)赤杭(ラテラル・ウォーターハザード)の場合(図2参照)
     A点から打った球がラテラル・ウォーターハザード内のB点へ入った。プレーヤは下記のいづれかを選択する。
     (イ) そのボールをあるがままに、止まっている所(B点)からそのまま打つ
     (ロ) もしくは、1罰打を加え、下記のいずれかを行う。
    (a)C点から2クラブ以内の範囲で、旗に近づかない場所にドロップして打つ(図2内のC点周りの緑扇エリア) (規則26-1c(T))。
    (b)ホールから、ボールがそのラテラル・ウォーターハザードの境界線を最後に横切った位置Cを結び、 それをラテラル・ウォーターハザード の後方に延ばしていった線上(図2内の緑点線上)にドロップして打つ。この場合には、 そのラテラル・ウォーターハザードの後ろ側 であれば、いくら後方にさがってもよい(規則26-1b)。
    (c)ホールから、ボールがそのラテラル・ウォーターハザードの境界線を最後に横切ったC点を結び、 その距離を半径として、ホール周りにラテラル・ウォーターハザードの対岸側(図2内のE点)を探し、その位置から2クラブの範囲(図2内のE点周りの緑扇エリア) にボールをドロップして打つ(規則26-1c(U))。
    (d)ボールを、そのラテラル・ウォーターハザードの中に入れたショットを打った所まで戻って別のボールで打ち直す。
図1 ウォーターハザード(黄杭)図2 ラテラルウォーターハザード(赤杭)

7.マナーについて

グリーン上でのマナー

  1. 他人のパッティングラインを踏まない
  2. 他人がパットを打つとき、そのパッティングライン延長線上に立たない
  3. 他人がパットを打つとき、そのパッティングライン上に自分の影や持っている旗の影がかからないようにする
  4. ボールによってへこんだボールマークの周りの芝をグリーンフォークでマーク中心に対して寄せボールマークが見えなくなればベスト、ボールマーク自体はいじらない、持ち上げない。 その後パターヘッドで平らにする。参考動画 http://www.youtube.com/watch?v=rpbwwcRNmwM
  5. 旗を抜くとき、戻すとき ホールの内壁をとても傷つけやすいので注意する。ゆっくり抜き差しするのがコツ。
  6. 最初にパットを終えた人が旗を持ち、パーティ内の最終パットが終了したら旗をカップに戻してすみやかにグリーンを空ける。
  7. 旗を持っているときには、風でパタパタ音がしないように布地部分をしっかりと持つ
  8. グリーン上ではマーカーとしてティーなどは使用しない。
  9. グリーン上では走らない。またグリーンを傷つけてしまう行為はしない。

プレーの早さについて

  1. 素振りは1回以下にするよう心がけスピード感のあるゴルフを目指す。
  2. 前の組と1ホール以上離れないよう心掛ける(ミシガン会では前の組に離されすぎた場合、失格となる場合もある)。
  3. ボール探しは5分と言わず極力短く切り上げる。暫定球使用の判断を速くする。

デポットについて

  1. ショット後のデポットはターフを元に戻し修理する
  2. ターフが散らばってしまった場合には、芝生の種入り砂をかけておく

その他

  1. 自分のボールにはマーキングをするよう心掛ける。
  2. 携帯の電源は切るか、マナーモードに設定し、緊急時以外の使用は控えるようする。

以上

改定履歴

・2005年1月改定:前進6打目のドロップ地点を規定。
・2011年12月改定:ハザード内でのボール確認、ハザード内の草への接触に関する記述、リドロップに関する規則を追加。ラテラル・ウォーターハザードの説明文更新と図の追加。 マナー内容を更新。HDCPルールを更新
・2014年3月改定:前シーズンのゲスト参加が2回以上あった場合、それらをすべて対象にしてHDCPを算出することにした。

 

http://www.michigan-kai.com